投信積立

投信積立がお薦め。投資で貯金を増やすなら、貯金の感覚で投資した額が増えて戻ってくるのがいい。投資っていうとリスクがあると思うかもしれないけれど少額で始められて、リスクが少ない投資もあるんです。

投信積立 ってなあに?

投信積立って、投資信託の一種なの。積立貯金とは違うけど、毎月一定額を積み立てながら投資信託するんです。投資は株式中心と債権中心など種類は豊富だけど、結局は投資信託の商品として集めたお金をひとまめにして、プロが投資してくれるので、自分自身でどの株を買おうかとか考えずにプロに任せておけばいいんです。その投資金額を毎月積み立てていく投資信託が投信積立なんです。少しだけ積立貯金に似てるでしょう?もちろん投資してスグに大儲けすることはできないかもしれないけれど、リスクは全く無いわけではないから自己責任だけど、思ったほど多くは無いと思うの。それに貯金の利子よりも増える可能性が高いから、貯金を増やすという目的から見れば投信積立はよい投資方法だと思う。

投信積立どうやって始めるの?

細かい点は銀行や証券会社によって、多少の違いはありますけど、おおよそ月1万円ぐらいから始められます。ファンドを指定したら毎月自動的に買い付けてもらえばいいので、初心者でも簡単です。日本の場合、投資というと、どうもリスクがあると思われがちですが、うまく資産有用できるようになれば、確実に貯金が増えるスピードが速くなります。投信積立は、ドル・コスト平均法という毎月の一定金額で買えるだけの口数を購入していく方法を取っていることが多いので、平均的な買い付け金額(単価)が一般的に低く抑えられています。もちろん株価が安いときは多く買い付け、逆に低い時は株を少なく買い付けるので、もともと投資信託にはリスクヘッジされているんです。

投信積立、どのようにすればいいの?

ファンドごとに昨年の成績とかが公表されているから、まずはそれを見てあなた自身で決めて欲しいの。あなたのお金をプロに託すわけだから、ファンドごとの過去の実績って結構重要なのよ。それから疎かにできないのが手数料。信託報酬や販売手数料が投信積立の取引ごとに引かれていくから、いろいろな会社を見比べてみて、コストが安いファンドを選ぶことも必要だと思います。貯金を増やす投資信託としては、投信積立の機能をうまく使わなくちゃ損するから、例えば貯金のように、株価が安い時は毎月一定額で買い続けながら、株価が値上がりしたら売るようにすれば、貯金の利率よりも大きくなってるはずよ。

最新(更新)記事

団体信用生命保険と住宅ローン繰上げ返済 - 住宅ローンの繰上げ返済は、できるならやりたいし、絶対にお得だと思っている方が多いみたいですが、住宅ローンの繰上げ返済で貯金も減って損するケースもあるのですよ。

5千円札貯金 - 5千円貯金って知ってますか?500円貯金の間違いではないですよ。0が一つ多い、5千円貯金です。ハッキリした理由はわかりませんが、金運が上っているような気がします。500円玉と違って、なかなか貯まらないけど、金運重視で!

耐震補強助成金 - 節約して貯金するなら助成金の申請も検討してみましょう。耐震補強の工事をするんだったら、助成金が支給されるのかもしれませんよ。

投信積立 - 投信積立がお薦め。投資で貯金を増やすなら、貯金の感覚で投資した額が増えて戻ってくるのがいい。投資っていうとリスクがあると思うかもしれないけれど少額で始められて、リスクが少ない投資もあるんです。

るいとう (株式累積投資) - 株式累積投資(るいとう)の何がいいかっていうと、毎月1万円程度の資金から大企業の株が購入できることなんです。投資で貯金を増やすなら、貯金の感覚で投資した額が増えて戻ってくるのがいい。ついでに株主優待も!

低公害車購入費補助金 - 低公害車購入費補助金があります。エコカー減税とは別です。市区町村によって条件が異なりますが、実施している場合は、申請すれば購入費などの一部のお金を戻してもらえますので、忘れずに申請しましょう。

生ゴミ処理容器・処理機購入補助金(助成金) - 生ゴミ処理容器・処理機購入の補助金(助成金)があります。上限・個数など条件付ですが、申請すれば購入費などの一部のお金を戻してもらえますので、忘れずに申請しましょう。

ガソリン代節約 - 車を使う人が貯金を増やすのなら、ガソリン代も節約しましょう。1リットルあたり、たった数円の違いでも、1年経って大きなお金の差ができるんですが、それだけじゃないのがガソリン代の節約貯金の方法なの。

電話代節約 - 貯金するなら節約、だから電話代も見直そう。家庭の電話から携帯電話まで節約貯金する方法はいろいろある。長電話は貯金の大敵って言われてるけど、長電話が好きな人も無料で長電話する方法もあります。

食費節約 - 貯金を貯めるなら、まず食費の節約から。同じものを口にしていても50%~90%も節約できることがあります。食費を節約しないと1ヵ月後、1年後には大きな額を気がつかないうちに失ってしまうかもしれませんので。

カテゴリ

お金を貯める・守る

生活していく上で避けられない支出を節約や節税で減らしつつ、毎月一定額の出費(固定費)を抑えましょう。お金を貯め、そして貯めたお金を守っていく(水漏れを防ぐ)話題について書いています。

お金を戻してもらう

キャッシュバック、助成金や補助金など、支払ったお金の全額または一部を、たとえ小額であっても返金してもらいましょう。身近なものからあまり知られていないマイナーなものまで書いています。

お金を増やす

貯めたお金や資産を今以上に増やしていくために、無理をせず自分にあった方法を見つけていきましょう。投資や収入を増やすにはリスクを含めてさまざまな方法について書いています。

注目記事

貯金の平均なんて気にしないわ

結婚前の貯金はどうしてる?

プロフィール

サイトのアイコン

まゆみ

  • 好きなこと
    • 安くておいしいものを探すこと
    • 掃除と片付け
  • 苦手なこと
    • 満員電車に乗ること
    • カラオケ

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加