生ゴミ処理容器・処理機購入補助金(助成金)

生ゴミ処理容器・処理機購入の補助金(助成金)があります。上限・個数など条件付ですが、申請すれば購入費などの一部のお金を戻してもらえますので、忘れずに申請しましょう。

生ゴミ処理容器・処理機購入補助金(助成金)とは?

簡単に言いますと、生ゴミ処理のエコ商品を買うと自治体から補助金、または助成金として購入費用の一部を返してもらえるという嬉しい制度です。補助金と助成金の違いは、ここでは特に意識しなくて良いです。自治体によって、補助金と呼ぶ場合もあれば、助成金と呼ぶ場合もありますが、我々から見て、制度そのものに大きな違いはありません。

補助金(助成金)が支給される理由

なぜ申請することで、補助金(助成金)として購入費用の一部が戻ってくるのか?疑問に思うかもしれません。理由はさまざま考えられますが、一番大きな理由はゴミが多くなることは国や自治体にとって深刻な問題なので、少しでもゴミを減らしたい意向とのことでした。特にゴミの約6割を占める生ゴミ処理は燃えにくく、そのうえ水分を含んでいるから余計に処理費用が増えてしまうとのことです。

生ゴミ処理容器・処理機購入の補助金制度で住民にお金を還元した方が、ゴミの減量化や資源のリサイクルの促進にも繋がるので、自治体としても助かるわけです。

支給対象の生ゴミ処理容器・処理機

補助金や助成金が支給される主な機器を上げると、生ゴミを堆肥にする処理容器、熱風で乾燥させる電動生ゴミ処理機、発酵・分解処理機などです。補助金の対象は各家庭(世帯)や事業所に対して支給されます。ただ注意してくださいね。どんな自治体でも絶対にお金が支給されるとは決まっていませんので、必ずあなたがお住まいの市区町村のウェブサイトで事前確認が必要です。

申請と支給の注意点

支給を受け取るために申請する必要書類は、あなたが住んでいる市区町村役場においてある申請書と生ゴミ処理容器・処理機を購入した領収書を、提出すれば申請は完了するはずです。もちろん入金してもらう銀行口座も記載します。

印鑑は必要になるので持参しましょう。また、その市区町村に住んでいることを証明する現住所つきの身分証明書も必要になることが多いです。その他、購入した生ゴミ処理容器・処理機の取扱い説明書が必要な自治体もあります。

申請は難しくはありませんが、上記に書いているとおり、自治体によっては支給される生ゴミ処理容器・処理機の対象範囲が異なるし、申請すれば全員がもらえるわけではないので注意が必要です。

例えば年に先着何名(何世帯・何事業所)までが対象範囲とか、決められた購入機器の値段以上とか、購入代金の何割まで負担とか、その上、1世帯につき、所有個数であるとか、自治体によって制限や条件が異なります。

また自治体によっては、生ゴミ処理容器・処理機購入補助金(助成金)制度を実施していないところもありますので、繰り返しになりますが、事前に補助金の対象範囲と届出書類(必要書類)について、市区町村役場へ必ず確認してください。

最新(更新)記事

居住用財産の譲渡損失の繰越控除 - 居住用財産の譲渡損失の繰越控除ができるなら貯金のためにも節税してね。居住用財産の譲渡損失の繰越控除で所得税や住民税が安くなるだけじゃなく0円になることだってあるんだから。

新事業開拓支援助成金 - 新事業開拓支援助成金は起業家の育成、発掘する目的で、国が支援する制度。しかも1千万円支給は融資じゃなくから、返済しなくてもいいんです。新規に事業をするのに貯金など自己資金を減らしたくない方、無利息融資をご検討の方へ。

水道代節約 - 貯金を貯めるなら、水道代も節約しよう。水不足ではなくても、普段から節水。それに水道代の支払い方を変えただけでも得をする方法があるんです。1年間で1万円以上貯金できることもあります。

病院の初診料と節約 - 病院によって初診料が違うなあーって思ったこと無いですか?特に有名な大病院へ行ったとき、普段よりも初診料が高くなったと思われる方が多いようですが、実際のところどうなのでしょうか?同じ医療を受けるなら、なるべく節約して貯金したいですよね?

海外での治療費を返金して貯金しよう - 海外で病気になったり怪我をして病院へいったらすべて自己負担なんだけど、これって日本で病気をしたり怪我をしたときみたいに国民保険や社会保険が利用できないのかしら?もらえるものはもらって貯金しないとね。

パスタ料理でガス代節約 - パスタの料理方法でガス代を節約する方法について、ガス代は節約貯金しやすいのですが、スパゲッティ好きならパスタの料理方法を工夫してガス代を大幅に節約しましょう。

個人年金保険で資産運用 - 個人年金保険って、年金にも保険にもなるけど、資産運用だと思うの。老後に備えてしっかり貯金。資産を増やしましょう。

家賃補助 - 賃貸住宅に住んでいる場合、申請すれば市区町村からもらえる補助金があるの、知ってました?貯金を増やすには、補助金を利用しましょうね。

贈与税配偶者控除は遺産相続よりも得? - 税金の控除で節税して貯金しましょう。贈与税の配偶者控除で貯金を増やすことに直結はしないかもしれないけど、遺産相続の相続税で全ての財産を失うことだってあるかも。だから贈与税配偶者控除は生活保障でもあるの。

住宅借入金等特別控除 - 貯金っていったら節税とか税金の控除よね?だから貯金を増やすためには住宅借入金等特別控除のことも考えてマイホーム取得を検討して欲しいの。賃貸よりも貯金できるかどうかは税金の控除にも掛かっているから。

カテゴリ

お金を貯める・守る

生活していく上で避けられない支出を節約や節税で減らしつつ、毎月一定額の出費(固定費)を抑えましょう。お金を貯め、そして貯めたお金を守っていく(水漏れを防ぐ)話題について書いています。

お金を戻してもらう

キャッシュバック、助成金や補助金など、支払ったお金の全額または一部を、たとえ小額であっても返金してもらいましょう。身近なものからあまり知られていないマイナーなものまで書いています。

お金を増やす

貯めたお金や資産を今以上に増やしていくために、無理をせず自分にあった方法を見つけていきましょう。投資や収入を増やすにはリスクを含めてさまざまな方法について書いています。

注目記事

貯金の平均なんて気にしないわ

結婚前の貯金はどうしてる?

プロフィール

サイトのアイコン

まゆみ

  • 好きなこと
    • 安くておいしいものを探すこと
    • 掃除と片付け
  • 苦手なこと
    • 満員電車に乗ること
    • カラオケ

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加