結婚貯金?20代30代の貯金平均額は?

貯金の平均額って1千万円とか2千万円とか言われているけど、本当にこんなに平均貯蓄額高いのかしら?20代、30代の平均貯蓄額は?結婚をしてから貯金するタイプ?、結婚をする前に貯金するタイプ?

平均貯金額はいくらなんだろう?

貯金の平均は一説には1千万円とか2千万円とか、いろいろと言われているわよね?男性、女性の区別なくOLも含めて貯金した平均貯蓄額が2千万円とか言われると、びっくりする方も多いのではないでしょうか?でも一番多い世帯は貯金額200万円以下が多いとか、言われていたりする。私の意見としては貯蓄額の平均を知ったところで、結局はお金を貯めないといけないと思うので、あまり気にはしていないんです。でも同じ会社に勤めている同僚だったらちょっとは気になったりするかな?ちなみに2千万円の平均貯金額はすべての年齢が対象で、その上、貯金がある人のみを対象したデータとのことなので、貯金をしていると公言できるほどの富裕層も含まれているから貯金の平均値が高いのは当然なんですよ。だからまだ貯金したての20代30代の場合は、平均貯蓄額2千万円はあまり気にしなくてもいいと思う。

貯金することにしたの

貯金する動機はいろいろあると思うけど、結婚する前に貯金するタイプの人と、貯金した後に家族のことを考えて貯金するタイプとあるみたい。いろいろ話を聞いてみると、正確なデータじゃないかもしれないけど、20代から30代できちんと貯金している人だったら、だいたい600万円~1千万円ぐらいが平均的な貯金額だと思う。もちろん結婚だけじゃなくてその後も考えての貯金だと思うけど。

貯金と消費のスピードは加速する?

平均的な貯金額については貯金している人としていない人が二極分化していると思う。私の周りでも貯金している人はめちゃめちゃ貯金しているけど、貯金していない人は銀行口座に100万円以下が殆どだと思うの。だからもしあなたが貯金をしていて100万円以下だったら、まず100万円を目標にして、もし100万円を超えていたら、300万円、500万円、1千万円を目標額にすればいいと思う。それに貯金がないから結婚できないわけでもないし。面白いことにお金って使い始めると無くなるのも早いんだけど、貯めていくと、だんだん加速度的に溜まり始めるの。だから仮に貯金が100万円以下だったとしても、平均貯蓄額が1千万円とか2千万円とか聞いてあきらめたりしないでね。他人は他人、自分は自分なのですから、まずは目標の貯金額を決めて、お互い貯金が増えるように頑張りましょうね。

最新(更新)記事

居住用財産の譲渡損失の繰越控除 - 居住用財産の譲渡損失の繰越控除ができるなら貯金のためにも節税してね。居住用財産の譲渡損失の繰越控除で所得税や住民税が安くなるだけじゃなく0円になることだってあるんだから。

新事業開拓支援助成金 - 新事業開拓支援助成金は起業家の育成、発掘する目的で、国が支援する制度。しかも1千万円支給は融資じゃなくから、返済しなくてもいいんです。新規に事業をするのに貯金など自己資金を減らしたくない方、無利息融資をご検討の方へ。

水道代節約 - 貯金を貯めるなら、水道代も節約しよう。水不足ではなくても、普段から節水。それに水道代の支払い方を変えただけでも得をする方法があるんです。1年間で1万円以上貯金できることもあります。

病院の初診料と節約 - 病院によって初診料が違うなあーって思ったこと無いですか?特に有名な大病院へ行ったとき、普段よりも初診料が高くなったと思われる方が多いようですが、実際のところどうなのでしょうか?同じ医療を受けるなら、なるべく節約して貯金したいですよね?

海外での治療費を返金して貯金しよう - 海外で病気になったり怪我をして病院へいったらすべて自己負担なんだけど、これって日本で病気をしたり怪我をしたときみたいに国民保険や社会保険が利用できないのかしら?もらえるものはもらって貯金しないとね。

パスタ料理でガス代節約 - パスタの料理方法でガス代を節約する方法について、ガス代は節約貯金しやすいのですが、スパゲッティ好きならパスタの料理方法を工夫してガス代を大幅に節約しましょう。

個人年金保険で資産運用 - 個人年金保険って、年金にも保険にもなるけど、資産運用だと思うの。老後に備えてしっかり貯金。資産を増やしましょう。

家賃補助 - 賃貸住宅に住んでいる場合、申請すれば市区町村からもらえる補助金があるの、知ってました?貯金を増やすには、補助金を利用しましょうね。

贈与税配偶者控除は遺産相続よりも得? - 税金の控除で節税して貯金しましょう。贈与税の配偶者控除で貯金を増やすことに直結はしないかもしれないけど、遺産相続の相続税で全ての財産を失うことだってあるかも。だから贈与税配偶者控除は生活保障でもあるの。

住宅借入金等特別控除 - 貯金っていったら節税とか税金の控除よね?だから貯金を増やすためには住宅借入金等特別控除のことも考えてマイホーム取得を検討して欲しいの。賃貸よりも貯金できるかどうかは税金の控除にも掛かっているから。

カテゴリ

お金を貯める・守る

生活していく上で避けられない支出を節約や節税で減らしつつ、毎月一定額の出費(固定費)を抑えましょう。お金を貯め、そして貯めたお金を守っていく(水漏れを防ぐ)話題について書いています。

お金を戻してもらう

キャッシュバック、助成金や補助金など、支払ったお金の全額または一部を、たとえ小額であっても返金してもらいましょう。身近なものからあまり知られていないマイナーなものまで書いています。

お金を増やす

貯めたお金や資産を今以上に増やしていくために、無理をせず自分にあった方法を見つけていきましょう。投資や収入を増やすにはリスクを含めてさまざまな方法について書いています。

注目記事

貯金の平均なんて気にしないわ

結婚前の貯金はどうしてる?

プロフィール

サイトのアイコン

まゆみ

  • 好きなこと
    • 安くておいしいものを探すこと
    • 掃除と片付け
  • 苦手なこと
    • 満員電車に乗ること
    • カラオケ

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加